• 011
    011
  • 0100
    0100
  • top005-3
    top005-3
  • top001-1
    top001-1
  • top002-2
    top002-2

オープンキャンバス

新着情報

題名 ~世界的ソプラノ歌手~ テイツィアーナ・ドゥカーティ客員教授 声楽特別公開レッスン 期日 平成29年12月13日(水) 13:00~15:30 場所 ...
さまざまな音楽ジャンルのスペシャリストが海外・全国から熊本に集結!! 未来にひらく 第20回九州音楽コンクール   〔開催期間〕...
T1パーク(テラバル自動車学校)が運営する学園祭の本学記事及びよさこいサークルの記事追加されました。 下記からご覧いただけます。 音楽の日 当日の様子(写真21枚) http://www.t1park.c...
題名   学園創立45周年記念  熊本地震復興支援感謝コンサート  九州唯一の音楽大学  平成音楽大学2017華麗なる音楽の祭典  in...
題名   学園創立45周年記念  熊本地震復興支援感謝コンサート  九州唯一の音楽大学 ...

ピアノコース

ピアノコース

ピアノ演奏上、基礎となるリズム、メロディー、ハーモニーの調和を学び、技術と心が融合する優れた演奏家を育成します。楽譜に書かれたものを単に音にするだけでなく、作曲家のメッセージや意図を芸術的な感性で読み取り、楽曲の魅力を引き出す表現力・読譜力を身につけます。

様々な作品の研究、総合的な演奏技術を習得

器楽実技研究(ピアノ)

古典派やロマン派の作品など、幅 広い楽曲に対する理解力や洞察力を修得します

伴奏法

日本歌曲やイタリア歌曲、ドイツ歌曲など幅広い分野の伴奏を取り入れ、楽曲の分析と歌詞の理解を深めます

ソルフェージュ

多彩な楽曲を題材に、読譜力や聴音力を育成し、正確な音楽表現ができるように指導します

キーボード・ハーモニー

キーボードを使ってコードパターンを訓練し、ハーモニーに関する理論的・音楽的感覚を養います

室内楽

連弾および2台のピアノを中心にアンサンブルを研究します
 

●人材育成の目的

ピアノ音楽において、ソリスト、アンサンブルプレーヤー、伴奏者及び教育現場における指導者の育成を目指しています。
個性を伸ばすきめ細やかな指導を通して、社会に貢献できる人材を育成することを目的としています。

●コース紹介

ピアノ演奏上、基礎となるリズム、メロディー、ハーモニーの調和を学び、技術と心の調和が取れた優れた演奏家を育成します。楽譜に書かれたものを単に音にするだけでなく、作曲家のメッセージや意図を芸術的な感性で読み取り、楽曲の魅力を引き出す表現力・読譜力を身につけます。
在学中に学内外の演奏会に参加することや、国内外のピアノコンクールにチャレンジすること等で演奏力を高めます。

●授業紹介

  • 器楽実技研究(ピアノ)・・・古典派やロマン派の作品など、幅広い楽曲に対する理解力や洞察力を修得します。
  • 室内楽・・・連弾及び2台のピアノを中心にアンサンブルを研究します。
  • 伴奏法・・・日本歌曲やイタリア歌曲、ドイツ歌曲など幅広い分野の伴奏を取り入れ、楽曲の分析と歌詞の理解を深めます。
  • コンサート情報・・・サテライトステージを利用した「ピアノフェスティバル」「サテライトステージコンサート」「Heisei Music Festival」などのほか、外国人客員教授による年2回の公演など、演奏を発表する多くの機会があります。

●卒業後の進路

piano01

演奏家
アンサンブルピアニスト
各種コンサート、イベント奏者
教育者(高校・中学校)
音楽教室、楽器店講師
地域で親しまれるピアノ指導者
演奏ホール職員、企画スタッフ
福祉施設、病院などの職員兼プレーヤー
ブライダルプレーヤー

 

p-001  p-003

取得可能資格

piano-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

ピアノコースカリキュラム

管弦打楽コース

 身体で響かせる高度な 演奏テクニックを修得します。

さまざまな管弦打楽器の現役演奏家たちによるきめ細やかな指導が行われています。
マンツーマンの個人レッスンでは演奏スキルを高め、アンサンブル・スタディでは、音と心を合わせる高度な演奏テクニックを修得していきます。また学内外の演奏会に参加することで演奏力を高めていきます。昨年度から,管楽器リペア(修理)の技術が習得できるようになりました。

楽器を自分自身の身体でとらえ、演奏テクニックを習得

器楽実技研究(管弦打)

バロック音楽及び古典派、ロマン派から現代曲まで、幅広い楽曲に取り組み、楽器の基礎技能と表現力を身につけます。

重奏

デュオ、トリオ、カルテット等、重奏の基本的な奏法と応用を修得し、個々の楽器の役割や表現方法を研究します。「管楽器リペア(修理)」の授業では専攻している楽器以外の楽器についても、歴史や構造、機能、修理の技術を習得します。

合奏

合奏におけるリズムや音程を学び、オーケストラや吹奏楽等の合奏を実践します。

指揮法

各拍子による基本的なバトンテクニックの指揮や合唱曲や合奏曲を中心とした指揮、さらに音楽づくりの演習を実施。実際にオーケストラ等を使いながら指揮を体験します。

Repair1  Repair2

【管楽器リペア】
修理の技術を4年間で習得。
楽器をよみがえらせる素晴らしい技術を学ぶことで、卒業後の選択肢も広がります。

人材育成の目的

管弦打楽コースはソロだけではなく、アンサンブルをする機会が多いため、集団での行動力等が問われます。その為に、音楽を通してより良い人間関係を構築する術を学ぶことも重要視しています。集団の中で一人身勝手な行動をとれば、たちまち音楽性も含むチームワークが崩れ、迷惑をかけてしまいます。もちろん個性は大事にしますが、どのように協力し合い、自分を主張して行くかが鍵となります。
その他、大学主催演奏会(華麗なる音楽の祭典)や各楽器、決して自己満足だけの音楽にならないよう、個人の技量を伸ばしつつも、人とのコミュニケーションを大事にし、本学の基本理念に則った指導・人材育成を目的としています。

コース紹介

上記(人材養育の目的)のことも含め、管弦打それぞれの楽器のプロプレーヤーがマンツーマンで指導します。
教授陣は、ヨーロッパで活躍中またはヨーロッパで活躍後帰国した演奏家、国内で活躍する現役の演奏家たちにより構成されており、より実践的な指導が行われています。
基本的に1年次は基礎を中心とし、呼吸法や練習方法等も含め、土台を作りながら実際の演奏現場に対応する準備期間と位置付けています。
2年~3年次は1年次で培った土台を基に応用、更に実践へと結び付けて行きます。
4年次は集大成として、本コースの対外的な演奏活動等の中心を担い、就職に結びつくようにサポートしていきます。
また、4年間を通して木管、金管楽器のリペア(修理)の技術を習得します。
「管楽器リペア(修理)」の授業を受けることにより、音楽大学の専門性を活かしつつ、自身が専攻している楽器はもちろんのこと、
他の楽器についてもシステムを学び、知識を深め、基礎的な修理の技術を習得できます。
本コースは基本的に演奏家を目指す方向での指導をしています。もちろん教職の資格も取れますので、教員となり、専門的に研究したことを活かすこともできます。
今まで各種音楽隊や海外のオーケストラプレーヤー、吹奏楽等学校現場での指導者、教員として活躍している卒業生が多数います。

授業紹介

本コースは大きく分けて3つの授業があります。

  1. 主科:各自専攻している楽器をマンツーマンで指導を受けます。
  2. 合奏:平成音楽大学ブラスオーケストラ(吹奏楽)のメンバーとして、毎年開催される単独の定期演奏会を始め、招待演奏やスクールコンサート等の各種イベントに出演します。
  3. 重奏:オーケストラスタディを拡充し、交響曲・管弦楽曲等を研究します。
  4. その他、大学主催演奏会(華麗なる音楽の祭典)や各楽器のアンサンブルコンサート等、充実した演奏活動を行っています。

卒業後の進路

自衛隊音楽隊、消防音楽隊、警察音楽隊等の吹奏楽団、国内外の管弦楽団他演奏家として、中学校・高等学校等の教員として、さらに音楽療法士の資格を取った者は福祉施設職員として就職しており、本コースだけではなく、大学の就職課と協力し、就職へのサポートをきめ細やかに行っています。

 

取得可能資格

wind-st-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

管弦打楽コース・カリキュラム

管弦打楽コース (2)

wind-st-t

管弦打楽器にはさまざまな種類があり、その楽器に応じて演奏方法が異なります。本コースではマンツーマン・レッスンを取り入れ、基礎から応用まで段階的な指導を実施。楽器の特徴を身体でつかみ、高度な演奏テクニックを修得していきます。 吹奏楽・管弦楽・室内楽(アンサンブル)、大規模なオーケストラなど学内外での数多くの演奏会に積極的に参加し、音楽活動の幅広さを学んでいきます。

LESSON  マンツーマンレッスンにより演奏スキルを高めます

器楽実技研究(管弦打)

バロック音楽及び古典派、ロマン派から現代曲まで、幅広い楽曲に取り組み、楽器の基礎技能と表現力を身につけます。

合奏

合奏におけるリズムや音程を学び、オーケストラや吹奏楽等の合奏を実践します。

指揮法

各拍子による基本的なバトンテクニックの指揮や合唱曲や合奏曲を中心とした指揮、さらに音楽づくりの演習を実施。実際にオーケストラ等を使いながら指揮を体験します。

 

人材育成の目的

管弦打楽コースはソロだけではなく、アンサンブルをする機会が多いため、集団での行動力等が問われます。その為に、音楽を通してより良い人間関係を構築する術を学ぶことも重要視しています。集団の中で一人身勝手な行動をとれば、たちまち音楽性も含むチームワークが崩れ、迷惑をかけてしまいます。もちろん個性は大事にしますが、どのように協力し合い、自分を主張して行くかが鍵となります。
その他、大学主催演奏会(華麗なる音楽の祭典)や各楽器、決して自己満足だけの音楽にならないよう、個人の技量を伸ばしつつも、人とのコミュニケーションを大事にし、本学の基本理念に則った指導・人材育成を目的としています。

コース紹介

上記(人材養育の目的)のことも含め、管弦打それぞれの楽器のプロプレーヤーがマンツーマンで指導します。
教授陣は、ヨーロッパで活躍中またはヨーロッパで活躍後帰国した演奏家、国内で活躍する現役の演奏家たちにより構成されており、より実践的な指導が行われています。
基本的に1年次は基礎を中心とし、呼吸法や練習方法等も含め、土台を作りながら実際の演奏現場に対応する準備期間と位置付けています。
2年~3年次は1年次で培った土台を基に応用、更に実践へと結び付けて行きます。
4年次は集大成として、本コースの対外的な演奏活動等の中心を担い、就職に結びつくようにサポートしていきます。
本コースは基本的に演奏家を目指す方向での指導をしています。もちろん教職の資格も取れますので、教員となり、専門的に研究したことを活かすこともできます。
今まで各種音楽隊や海外のオーケストラプレーヤー、吹奏楽等学校現場での指導者、教員として活躍している卒業生が多数います。

授業紹介

本コースは大きく分けて3つの授業があります。

  1. 主科:各自専攻している楽器をマンツーマンで指導を受けます。
  2. 合奏:平成音楽大学ブラスオーケストラ(吹奏楽)のメンバーとして、毎年開催される単独の定期演奏会を始め、招待演奏やスクールコンサート等の各種イベントに出演します。
  3. 重奏:オーケストラスタディを拡充し、交響曲・管弦楽曲等を研究します。
  4. その他、大学主催演奏会(華麗なる音楽の祭典)や各楽器のアンサンブルコンサート等、充実した演奏活動を行っています。

卒業後の進路

自衛隊音楽隊、消防音楽隊、警察音楽隊等の吹奏楽団、国内外の管弦楽団他演奏家として、中学校・高等学校等の教員として、さらに音楽療法士の資格を取った者は福祉施設職員として就職しており、本コースだけではなく、大学の就職課と協力し、就職へのサポートをきめ細やかに行っています。

 

取得可能資格

wind-st-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

管弦打楽コース・カリキュラム

声楽コース

豊かな表現力を身につけ、 世界に通用する声楽家を目指します。

オペラ、ミュージカルなど、ひとりひとりの個性を生かすための表現力を身につけます。
発声や呼吸法などの基礎を学び、豊かな表現力を磨き、心に響く声楽家を目指します。
また、多様化する音楽シーンに適応できるレパートリーの幅を広げるために、
さまざまな言語の発音をマスターし、学内外での舞台を多く経験していきます。

一人ひとりの個性に合わせた個人レッスンを行います

オペラ研究

オペラ歌唱に欠かせないステージマナー、歩き方、演技力を身につけます

ミュージカル研究

様々なジャンルのミュージカル作品に触れ、発声法やダンス、演技などを体験します

イタリア語

イタリア人講師による授業。基本的な文法から日常的な会話表現を習得するとともに読解力や書く力を身につけます

呼吸法

さまざまなエクササイズを通して楽器である自分の身体を理解し、本来の身体に整えていきます

合唱

オペラの合唱曲や宗教曲など幅広い作品に触れ合唱に臨む心構えと、全体の中での個の役割意識確立を目指します

人材育成の目的

人間は生まれたその瞬間から声をあげます。
人間の持つその能力を訓練によって大舞台で通用する声にしてゆく勉強をします。
オペラ、オラトリオ、ミュージカル、現代曲、芝居とその舞台は広がり、夢に向かって歩いていく人材を育てます。

コース紹介

4年間を通して発声の基礎を学び、その声を柔軟に使えるよう訓練します。
オペラ、オラトリオのアリア、重唱、合唱など幅広い分野を勉強し、歌曲(イタリア、ドイツ、フランス、日本)はどの国の言語でも歌えるようディクションを含め勉強していきます。

声楽コースの学生は様々なイベントやスクールコンサート、また熊本オペラ芸術協会(本学の併設機関)の舞台でも演奏します。毎年行われる大学の定期演奏会では必ず声楽曲が入り、学生はオーケストラとの共演を体験します。

「VOCALサロンコンサート」では、一年間の勉強の成果を発表します。
レッスンで学んだことを舞台で繰り返し経験できることが声楽コースの大きな特色です。

声楽コースではポピュラーも選択することができます。
初年度は発声の基礎を学び、その上で声楽の基礎的表現力をつけ、ポピュラー音楽を勉強していきます。

授業紹介

重唱研究:2年次から始まります。2,3,4年生、専攻科生と合同で様々な重唱曲を勉強します。
オペラ研究:3年次から始まります。3,4年生、専攻科と合同でオペラの様々な場面を勉強します。また1,2年生にとってオペラハイライト公演はステージ運営について学ぶ場となります。
今までに公演したオペラハイライトの演目には「フィガロの結婚」「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」「ヘンゼルとグレーテル」「椿姫」「細川ガラシア」などがあります。
歌曲研究:2年次から始まります。ドイツ歌曲、日本歌曲を学びます。
ミュージカル研究:ダンスとヴォーカルのレッスンがあります。ミュージカルハイライトをひとつの作品として作り上げます。

卒業後の進路

  • コンクールに挑戦し成果を挙げ、さらに勉強を続けるため、東京・関西のオペラ研究所に所属する。
  • 劇団に入団し舞台で活動する。
  • 教員免許を取得し、中学校・高等学校の臨採や講師を勤める。
  • 音楽療法士二種の資格を取得し、高齢者・福祉施設に勤務する。
  • 合唱団を有する企業などに勤務し、音楽を続ける。

取得可能資格

volal-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

voice cal

1 / 3 ページ

学校法人御船学園 平成音楽大学

TEL 096-282-0506(代)
FAX 096-282-7800

music concb2

平成音楽大学附属音楽教室

響和会facebook buUstream大学コンソーシアム熊本jihee

音楽学科

こども学科

平成音楽大学

トップに戻る

Copyright © 2013 学校法人御船学園 平成音楽大学 〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658