Homeおしらせ熊本音楽短期大学・平成音楽大学同窓会「響和会」のホームページリニューアルについて

音楽療法コース

Music-therapy-t

音楽活動を通じ、健康な人や心身に障がいのある人、さらに高齢者のストレスケアなどを行う音楽療法は、医療や福祉の現場で注目の分野です。
音楽家としての知識だけでなく医療従事者としての知識や技術を修得するために、医療現場で活躍する音楽療法士が直接指導を行い、現場での実習を体験します。

現場で活躍するプロが実習を重視して指導を行います

音楽療法基礎理論

音楽療法についての基礎的な知識を修得し、その背景となる諸臨床論を、知識面・技能面から修得していきます。

音楽療法総合演習

治療現場における知識と技術を講義・実技・ロールプレイ・発表などのさまざまな形式を通して学びます。

医学概論

一般教養としての人間学、また音楽療法士養成のための基礎としての医学を幅広く修めます。

音楽療法演習

臨床音楽療法(高齢者)に関する各論・技法を学びます。

音楽療法実習指導

児童・精神・高齢者の施設における実習指導を行います。

臨床心理学

臨床心理学の中で、代表的な療法・アセスメント技法・研究法について基礎的な知識を獲得していきます。
 

人材育成の目的

“音楽療法を学ぶ”という事を通して、人間力を高めます。
現代は人と人との関係性の希薄さから、人とどのように関わるかが大変問題になっていますが、本コースは「対人援助」を学ぶことが1つの柱です。実際に音楽療法の現場での実習をきめ細やかに体験し、他者、自己の理解を深めコミュニケーションのとり方等を探求します。

コース紹介

1年:高齢者領域
2年:精神科領域
3年:児童領域

各領域について、それぞれに対象者の理解、疾患や障がいの理解、音楽療法で使用する音楽について学びます。
あわせて、学内の授業以外でも様々な現場で実習を体験します。4年生では、この3年間の集大成として卒業論文をまとめます。

授業紹介

授業は基本的に学生自らが作成したレジュメに基づいて行われます。
テーマに沿って学生達が協力して調べたものを発表する形式です。これを通し、文章をまとめる力、研究の方法、他者との協力、発表の形式等も学びます。
学外の実習も計画、実行、スーパーヴィジョン・・・と担当の教師から丁寧なアドバイスを受けながら行います。

卒業後の進路

音楽療法士として病院、施設への就職はもちろんですが、教職課程を取り支援学校等で障がいを持った子供達を指導したり、音楽療法という仕事以外の分野でも、医療、福祉関係で事務職、相談業務等の担当として多くの先輩が活躍しています。
また、対人援助の技術、集団を動かす力などこのコースで養った力を基礎に、その他一般企業に就職する学生もたくさんいます。就職率100%です!

取得可能資格

医療や福祉の現場との連携で音楽の可能性を体感

music-the-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

音楽療法コース・カリキュラム

音楽教育コース

Music-education-t

音楽教育コースは、幅広い教養と、音楽の専門的な知識・技術を身につけた「すぐれた音楽指導者」の育成を目指します。
小さな子どもからお年寄りまで、音楽愛好者への指導メソッドを身につけると同時に、教員免許を取得するために必要な知識や、学校教育が直面するさまざまな課題についても学びます。

自分自身の感性を磨き、音楽を学ぶ素晴らしさを伝える

音楽教育演習

 〈学校音楽教育〉
学校の教師、そして音楽教師としての資質を高めるための基礎技能を学びます。
 〈総合音楽教育〉
レスナーや地域の音楽活動への指導実践を想定し、指導技術や運営方法などを総合的に学びます。

音楽教育学

我が国における音楽教育の変遷について学ぶことで現代の教育課題を認識し、指導者としての基礎的な資質・能力を磨きます。

音楽心理学

「心」が「音楽」をどのように捉えるかということを中心に、音楽心理学の知識を幅広く修得します。

音楽科教育法

音楽を楽しみ、豊かな感性を育むために音楽教育はいかにあるべきかについて学びます。

人材育成の目的

複雑な人間関係や急激に変化する社会の中で、いま、人と人との「絆」が求められています。
その「絆」を紡ぎ出す力があるのが<音楽>です。
音楽教育コースでは、児童生徒や社会人に、<音楽>のもつ魅力・パワーを伝えることのできる指導者の育成を目指します。

コース紹介

音楽教育コースでは、小さな子どもからお年寄りまで、音楽愛好者への指導メソッドを身につけると同時に、中学校と高等学校の教員免許(音楽)を取得するために必要な知識や学校教育が直面するさまざまな課題についても学びます。また、指導現場と連携をとりながら、学外での実践的体験を通して学んでいきます。
近隣の小学校での音楽交流会では、演奏交流活動の企画や交渉も学生たちが行います。「子どもたちの立場に立って考える」体験が、授業づくりの演習に生かされています。
さらに、大学教員による児童生徒への音楽指導の観察や補助活動を通して、具体的な音楽指導法について体験していきます。

授業紹介

音楽教育コースでのメインの授業は「音楽教育演習」です。「演習」の名の通り、講義を聞くだけではなく、自分たちで調べたり、演奏したり、授業計画を立ててみたりと具体的な活動を通して学んでいきます。

  • Ⅰ年次前期:
    歌唱指導の実演・模擬指導や簡易伴奏づくりを通して、歌唱指導についての基礎的な知識や技能を習得します。
  • Ⅰ年次後期:
    教材曲をもとに構成を工夫したり、アレンジをしたりすることを通して、読譜力や演奏の基礎的な技能を高めていきます。また、教材開発についての理解を深めていきます。
  • Ⅱ年次前期:
    創作の教材開発を通して、指導技術のみならず、発想力・創造力を養っていきます。
  • Ⅱ年次後期:
    日本音楽の教育的価値や指導法について研究をしていきます。
  • Ⅲ年次前期:
    表現及び鑑賞の指導法とその背景となるさまざまな調査や教育理論について学んでいきます。
  • Ⅲ年次後期:
    指導現場で想定される指導や支援についての課題を視野に入れ、模擬授業を実施したり、学校現場の授業を観察したりすることを通して、教育課題についての理解を深めていきます。また、問題解決力や思考力を身につけていきます。
  • Ⅳ年次前期・後期:
    Ⅰ年次から培ってきた理論・実践両面の成果を基礎として、学校音楽教育あるいはレスナーとしての指導実践を想定し、指導方法を研究していきます。その成果を卒業論文にまとめていきます。

卒業後の進路

  • 中学校の音楽教諭
  • 高等学校の音楽教諭
  • 小学校の音楽専科教諭
  • 特別支援学校の教諭
  • 音楽教室のレスナー など

ステージ

学内外における実践体験から学ぶ音楽教育の現場。

music-edu-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

音楽教育コース・カリキュラム

ミュージックパフォーマンスコース

ミュージックパフォーマンスタイトル

 

音 音楽 音楽パフォーマンス

ミュージックパフォーマンスコースは平成26年度より新設されたコースです。

音楽を通じて、自由に思いついたことを自由な発想で伸ばしていく。皆さんの個性・目的に合わせて、カリキュラムを選択し、音楽人としての基礎力・表現力を身 に付けます、そのうえで、ライブコンサートやイベント、コンテストなど、数多くの発表・ステージを経験しながら音楽を活かした「夢」を形にするコースで す。

 

「歌いたい」「弾きたい」「創りたい」と思い続けてきた人に、音楽のよろこびを味わいながら表現する力を培います。
ギター、ドラムなどの楽器はもちろんハンドフルート、アコーディオンなどあらゆる楽器を学べます。


演奏能力はもちろん、セルフプロデュース能力を養います

創作応用演習

それぞれの楽器の演奏技術、音楽性を深めます。
音楽の基礎から、応用まで。
ポップスからクラシックまで幅広いジャンルを演奏します。
感性と理論の両方から音楽を表現します。

ノーテーション

楽譜制作ソフト「Finale」「Sibelius」を使いきれいな楽譜作成を学びます。楽譜を書くことにより楽典や理論の確認をします。

キーボードハーモニー

さまざまな分野の音楽を題材にキーボード上でのハーモニーを研究します。

アートマネージメント

演奏活動を支えてゆく上で重要な演奏会企画・立案、予算配分、劇場内部構造等に関する知識の修得を図ります。

人材育成の目的

  • 幅広い音楽に対応できる能力を養う
  • 自分のコンサートやライブを企画、運営の能力を養う
  • 舞台、音響、照明までこなせる現場の能力を養う
  • 社会人として、人とのコミュニケーションを取れる能力を養う

コース紹介

  • それぞれの楽器の演奏能力を深める
  • ほかの楽器、他コースの学生とのコラボレーション
  • クラシックやポップスで使われる楽器の知識とフレーズの再現
  • コンサートを企画する

授業紹介

創作応用演習(主科)

  • それぞれの楽器の演奏能力、音楽力を身につける
  • 音響を基礎から学び、人に頼らず自分でセッティングできるの力をつける
  • 楽内外のイベント、コンサート、コンクールで力をつける

アートマネージメント

  • コンサートの企画、実務的な作業も体験(各種書類の作成)
  • 著作権の基礎
  • インターネット時代の著作権を学ぶ
  • テレビ局、FM局、制作会社、ホールの現場の見学

キーボードハーモニー

  • コードネームで音楽を勉強
  • 簡単なコードをおしゃれなコードにイメージチェンジ
  • 難しそうに見えるコードも「耳」で「目」で理解出来ます
  • クラシックもポップスも基本は同じだと実感できます
  • 楽譜を弾かずに、体の中にあるハーモニーを引き出します
  • グレード試験にも役に立ちます

卒業後の進路

  • プレーヤー
  • 制作会社
  • ミュージシャン
  • ユニット
  • バンド
  • ギタリスト
  • プロモート事務所
  • 芸能事務所
  • 学校教諭

サウンドデザインコース

ミュージックコースタイトル

コンピュータで表現する音楽、映像。自分を表現するのに限界はありません。

大学で学ぶ専門的知識で創作にさらに磨きがかかります。マンツーマンの指導でデジタルクリエイターの誕生です。
学内外でのコンサートで企画、音響、照明のスタッフとして参加します。音楽制作、音楽ビジネス界の多様なニーズに応えられる人材を育成します。

マルチメディア社会に即応できる能力を養います

サウンドデザイン

DTM/DAWについて学び、実践します。また映像に関する機材やソフトを学習し、コンピュータや音楽への理解を深めます。

ノーテーション

楽譜制作ソフト「Finale」「Sibelius」を使いきれいな楽譜作成を学びます。楽譜を書くことにより楽典や理論の確認をします。

キーボードハーモニー

さまざまな分野の音楽を題材にキーボード上でのハーモニーを研究します。

アートマネージメント

演奏活動を支えてゆく上で重要な演奏会企画・立案、予算配分、劇場内部構造等に関する知識の修得を図ります。

人材育成の目的

  • 進歩し続ける技術を吸収し応用できる能力を養う
  • 機材の使い方を習うのではなく、自分一人の力で使いこなせるようになる能力を養う
  • 幅広い音楽に対応できる能力を養う
  • コンサートやライブのスタッフとして現場で使える能力を養う
  • 企画、渉外、運営の事務能力を養う
  • 舞台、音響、照明までこなせる現場の能力を養う
  • 色々なソフト(音楽ソフト、映像ソフト等)を道具として使える能力を養う
  • 問題解決能力を身につける
  • 社会人として、人とのコミュニケーションを取れる能力を養う

コース紹介

  • コンピュータを使ってアコースティックな楽器を再現
  • シンセサイザー(ソフト、ハード)でイメージに合った音作り
  • 見やすい楽譜をノーテーションソフトを使い書く
  • 楽譜を通して他コースの学生とコラボレーション
  • クラシックやポップスで使われる楽器の知識とフレーズの再現
  • オリジナルを創る
  • 良い音で録音する知識と体験
  • 録音機材、映像機材の使い方、接続などに慣れる
  • 静止画、動画を使いイメージを伝える
  • プレゼンテーションのグレードアップ
  • コンサートのスタッフとして表方、裏方の仕事を体験
  • コンサートを企画する

授業紹介

サウンドデザイン(主科)

  • コンピュータを使って音楽を再現できるようになる
  • コンピュータを使ってきれいな楽譜を書けるようになる
  • コンピュータを使って映像を編集・作成できるようになる
  • 生の楽器や声の特性を知る
  • 生の楽器や声を録音してミキシングをする
  • エフェクトをかけて作品として完成させる
  • スタッフとして撮影、配線、MC、番組作成を学ぶ
  • 映像機器の基礎と操作を覚える
  • 音と映像をPVとして編集する
  • 音響を基礎から学び、現場での応用につなげる
  • ライブコンサート「音 創造!」で企画、出演、スタッフを体験

アートマネージメント

  • コンサートの企画、実務的な作業も体験(各種書類の作成)
  • 著作権の基礎
  • インターネット時代の著作権を学ぶ
  • 実際にJASRACへの提出書類を書いてみる
  • テレビ局、FM局、制作会社、ホールの現場の見学
  • 映像を作成しイメージを発信する
  • プロモーションビデオを作成
  • インターネットの積極的活用でICT時代の授業を楽しむ
  • 情報であふれるインターネットの中から必要な情報を見つける能力を養う
  • 博物館の歴史や時代のニーズに合わせた変化を学ぶ
  • 音楽ホールをいろいろな角度から学ぶ
  • デジタルだけではなくアナログ的に人に伝える能力を高める

キーボードハーモニー

  • コードネームで音楽を勉強
  • 簡単なコードをおしゃれなコードにイメージチェンジ
  • 難しそうに見えるコードも「耳」で「目」で理解出来ます
  • クラシックもポップスも基本は同じだと実感できます
  • 楽譜を弾かずに、体の中にあるハーモニーを引き出します
  • グレード試験にも役に立ちます

卒業後の進路

  • アナウンサー
  • 制作会社
  • ホールのスタッフ
  • ミュージシャン
  • ユニット
  • バンド
  • ギタリスト
  • テレビ局ディレクター
  • プロモート事務所
  • 芸能事務所
  • 人形劇スタッフ
  • 学校の先生

習得可能資格

music-vu-st

授業科目 ◎=必修 △=選択

ミュージック&ビジュアル カリキュラム

電子キーボードコース

ポップスからクラシックまで 幅広いジャンルの音楽を表現します。

平成音楽大学の前身、熊本音楽短期大学時代から多くの演奏家、指導者を輩出してきた、45年の歴史あるコースです。
近年は電子オルガン・ピアノから電子キーボードヘとその幅を広げています。パイプオルガンなどの古典からポップス、
ジャズ、現代音楽までレパートリーを幅広くし増やすことができます。他コースの学生とのコラボレーションや数多くのステージ体験で演奏力、表現力を養います。第一線で演奏活動を行うトッププレイヤーがマンツーマンで指導いたします。

基礎からさらに発展した幅広い勉強に取り組みます

創作応用演習

クラシックオルガンの技術と音楽性の修得や、現代のニーズに合った電子オルガン感覚を身につけます。

重奏

アンサンブルでの余裕と幅のある演奏を研究し、ほかの楽器とのコラボレーションの機会を数多く設定しています。

作曲法(編曲法含む)

メロディーの作り方、和音の付け方、対位法、変奏の方法、各楽器の活かし方を学習します。

音楽ビジネス論

舞台、放送、芸能、文化全般等について現場の生の声を聞き、現在の最新の状況・情報を取り入れるとともに、そのノウハウを学び、変化の激しいマルチメディア社会に即応できる知識を学びます。

人材育成の目的

  • 電子楽器のうち、鍵盤のリアルタイム演奏に重点を置き、音楽を表現します
  • 技術の進歩とともに変化する楽器の機能を「音楽」に活かします
  • 演奏力とともに子供からシニアまでの生涯学習に対応できる音楽教室の指導者を養成します
  • 様々な音をミックスするオーケストレーションや編曲の能力を活かし幅広い音楽活動をします
  • 幅広い音楽を演奏し、聴く人を幸せにします
  • ソロ楽器としてだけでなくアンサンブルでの表現力を拡大します
  • 音楽を通して人との協調性が身に付きます
  • 既成の楽譜はもちろん、アレンジ、リダクション、デダクションを学ぶことで様々な分野で活躍します
  • クラシックから現代音楽、ポップスまで幅広く学びます
  • ステージでの演奏の機会がたくさんあり本番の強さを養います
  • 地域のイベントで演奏し、人前での演奏の体験をします
  • コンクールに出場して全国の学生と切磋琢磨します

コース紹介

  • 上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤を持つ電子オルガン、一段の電子キーボードでの演奏技術
  • 「電子の音」での音楽性あふれる表現技術
  • 時代とともに技術的に進化する電子楽器の操作
  • 時代に流されないパイプオルガン音楽
  • ピアノとはタッチの異なるオルガンのレガート奏法習得
  • クラシックだけではなくく、民謡からポップス、ジャズ、現代音楽までをカバー
  • すでに出版されている楽譜の演奏だけではなく、自分で編曲することで応用力をつける
  • コードネームを見て演奏する力をつける
  • コードの時間的流れ(コードプログレッション)を理解する
  • 様々な音色が出る電子楽器でのオーケストレーションを学ぶ
  • ポップス、ジャズのグルーブ感(いわゆるノリ)を身につける
  • 他のコースとのコラボレーションを通し音楽の広がり、人との協調性を身につける
  • ステージに立つ機会をできるだけ多くして、人に聴いてもらえる演奏力を身につける
  • コンクールに参加し、全国のレベルで切磋琢磨する

授業紹介

創作応用演習(電子キーボード)

  • マンツーマンの指導で、それぞれの個性を活かした指導
  • 理論的なこと、音楽的なことを学ぶ
  • 上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤を持つ電子オルガン、一段のキーボードで演奏
  • 時代とともに技術的に進化する電子楽器の操作
  • 時代に流されないパイプオルガン音楽
  • 長い歴史を持つクラシックだけではなく民謡からポップス、ジャズ、現代音楽まで
  • 出版されている楽譜の演奏だけではなく、自分で編曲することで応用力がつく
  • コードネームを見て演奏する力がつく
  • コードの時間的流れ(コードプログレッション)を理解する
  • 様々な音色が出る電子楽器のオーケストレーションを学ぶ
  • ポップス、ジャズのグルーブ感(いわゆるノリ)を身につける
  • ライブコンサート「音 創造!」というコンサートで企画、出演、スタッフを体験

指揮法

教育現場で役に立つ科目です

  • 学校教材の合唱、合奏曲を中心とした指揮及び”音楽創り“の演習
  • 各拍子による基礎的なバトンテクニックの指導
  • 総合演習ではオーケストラを編成して実際にオーケストラに対して指揮を実践

管弦楽法

  • 楽器編成や楽器の組み合わせによる演奏効果の変化を学習
  • 古典から現代にいたるまでの管弦楽曲を参考に整理体系化
  • 基礎理論的各論を提示

作曲法

  • 作曲の基礎と応用
  • メロディーの作り方
  • 和声のつけ方
  • 対位法
  • 変奏の方法
  • 各々の楽器の活かし方
  • 編曲の実習
  • 合唱曲及び小編成の楽器アンサンブル
  • 吹奏楽などクラシックからポピュラーまで

和声学

  • 伝統的な音楽理論を基礎から学びます
  • 西洋音楽の古典期に確立された機能和声の音体系を理解し実習
  • 「響き」に対する感性を養うと共に「和声学」と「音楽」との理論的相関関係を考える

キーボードハーモニー

  • コードネームで音楽を勉強
  • 難しそうに見えるコードも「耳」と「目」で理解できます
  • クラシックもポップスも基本は同じだと実感できます
  • 楽譜を弾かずに、体の中にあるハーモニーを引き出します
  • グレード試験にも役に立ちます

卒業後の進路

  • テーマパークデモンストレーター
  • シンガーソングライター
  • ヤマハデモンストレーター
  • ヤマハシステム講師
  • カワイ音楽教室講師
  • 楽器店講師
  • JA事務
 

取得可能資格

習得可能資格

 授業科目 ◎=必修 △=選択

電子キーボードコース・カリキュラム

音楽学科

こども学科

平成音楽大学

トップに戻る

Copyright © 2013 学校法人御船学園 平成音楽大学 〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658