平成音楽大学音楽療法情報センターは、音楽療法について専門的に研究する機関として、1997年(旧熊本音楽短期大学時代)に設立されました。これまでにも音楽療法士のための研修や、医療・福祉・療育など地域ニーズと音楽療法士を結びつけるための、セミナー開催や、実践・広報活動に取り組んだりしています。また本学の専門員が、学外からの問い合わせに答えたり、音楽療法の職域開拓に力を入れています。九州・熊本の音楽療法研究実践のキーステーションとして取り組みを続けています。

音楽療法情報センターへのお問い合わせ

音楽療法情報センターでは、専門員が一般の方々からのご質問等を受け付けております。どうぞお気軽にご利用ください。 

  •     お問い合わせ
  •     TEL :096-282-0506(平成音楽大学代表)
  •     FAX:24時間受信可能。お返事までに時間がかかる場合があります。
  •     FAX : 096ー282-7800(平成音楽大学代表)

サブカテゴリ

熊本オペラ芸術協会

 熊本オペラ芸術協会は、平成音楽大学(旧熊本音楽短期大学)名誉理事長・出田憲二を会長に熊本県在住の音楽家・舞台関係者の総力を結集した団体として、昭和58年(1983年)1月に設立され、以来オペラの研究・上演を通して音楽芸術文化の発展に寄与すると共に、会員相互の音楽研鑽の場となることを目的として活動を続けています。

 また、オペラ「カルメン」、「魔笛」、「細川ガラシア」、小オペラ「河童譚」、「ヘンゼルとグレーテル」、創作オペラ「おてものバッテン嫁入り」等、毎年公演を続けていますが、特に平成元年(1989年)には熊本県並びに文化庁の支援を得て、熊本・東京の2会場において熊本県民オペラ「細川ガラシア」(出田敬三作曲)を上演し、全国の関係者の方々から深い関心と注目を集め大成功をおさめました。そして、この公演は、熊本県文化懇話大賞を受賞し地域文化活動団体として広く熊本県民の認知するところとなりました。

 地域音楽芸術文化の向上と熊本県発のオペラ制作に励む本協会は、総合舞台芸術であるオペラを通して地域文化の向上に努力しています。

 オペラの制作に当たっては、熊本県在住のキャスト・スタッフを中心に中央のオペラ団体と比較しても遜色のない芸術性の高い公演になるよう努力しています。

会員募集のお知らせ

熊本オペラ芸術協会では、会員・研究生を広く募集しております。 詳しくは熊本オペラ芸術協会事務局(096-282-6910)までお問い合せ下さい。

事務局

〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658   平成音楽大学内
電話          096-282-6910
ファックス   096-282-7800
メール   

学校法人御船学園 平成音楽大学

TEL 096-282-0506(代)
FAX 096-282-7800

© 2018 平成音楽大学 All Rights Reserved